ANAアメックスとANAカードの違い

同じANAという名前が付いていますが、ANAカードとANAアメックスは一体なにが違うの?という疑問を抱く方もいるかと思います。具体的に申しますと、やはりANAアメックスには通常のANAカードにはない「アメックス」というブランドのステータスが付いてくること、それから年会費が2100円のANAカードと比べて5250円と少し高めなだけあって、旅行傷害保険も最高3,000万円まで付帯されます。

また、貯まったポイントの移行手数料も違います。
ANAカードは年間6300円(10マイルコース:1000円=1ポイント=10マイル)ですが、ANAアメックスの場合は年間5250円(100円=1ポイント=1マイル)で、ANAグループを利用した場合のポイントが1.5倍になります。

100円でポイントが付くANAアメックスは、小額や端数でもポイントが加算されます。無駄なく貯まることもメリットです。

もちろん、アメリカン・エキスプレスが提供する各種サービスもANAアメックスだけのものであり、エアポートラウンジサービスなどもANAカードには付帯されていません。

従来のANAカードのサービスに物足りなさを感じていた方は、ANAアメックスに変えてみるのも良いのではないでしょうか。

ANAカード お申込みの前にカード比較