三井住友VISAプライムゴールドカード


20代専用のゴールドカードです。年会費は、特典をうまく活用すれば1,575円にすることができます。

年会費は、本来なら3,150円(初年度半額)です。が、「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細特典」利用で翌年度年会費が半額されるので、1,575円まで下げることが可能です。
「マイ・ペイすリボ」とは特殊なリボ払い制度で、プライムの場合最低支払額は1万円から。このマイ・ペイすリボへ登録して年に1回以上カードを利用すれば、カード年会費が無料または半額&ポイントが2倍になります。リボ払いには手数料(実質年率15.0%)がつきものですが、リボ払いの設定額を限度額一杯にすれば、リボ払いでありながら一括払いという認識をされ手数料が発生しなくなります。

支払額は、カード所有者のリボ払い利用範囲枠内で決めることができます。つまり人によって設定できる金額が変わります。カードが届いた当初は最低支払い金額に設定されているので、すぐにコールセンターに電話して枠を限度額いっぱいに広げましょう。

旅行傷害保険は国内海外ともに最高5,000万円。最高300万円のショッピング保険と、国内主要空港ラウンジも付帯。海外旅行に行く際、保険にわざわざ加入する必要がないくらいしっかりした付帯保険ですね。
またプライムには「通常カードの2倍のボーナスポイント」というサービスが用意されています。前年度のクレジット利用額が50万円の場合、翌年度50万円の利用で100ポイントがボーナスとしてプレゼントされます。(通常のクラシックカード等は50ポイント)
また「継続サンクスポイント」も外せません。これは、プライムゴールドからゴールドカードに更新する時に、ワールドプレゼントのポイントが500ポイントプレゼントされるサービスのことです。さらに「プレミアムグルメクーポン」といって、全国主要都市の約30軒の一流レストランで2名以上利用した場合、会員1名分が無料になるサービスも付きます。

医師が24時間身体の悩みを聞いてくれる「ドクターコール24」サービスまで付帯。他にもVJタクシーチケット、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオ・パス優待購入(大人 5,800円→ 5,400円/子供3,900円→ 3,600円)など、いたれりつくせりです。

そして30歳をむかえると、プライムカードは自動的に三井住友VISAゴールドカードに更新されます。通常のゴールドは審査がなかなか厳しいので、その点も魅力的です。

三井住友VISAプライムゴールドカード

QLOOKアクセス解析