口座の指定は5つまでOK

SBIカードでは、マルチバンクシステムを導入しています。これは借入れ先として最大5つまでの銀行口座を設定することができるというシステムです。

たとえばクレジットカードの口座が「みずほ銀行」のみだった場合、夜中などに至急現金を引き出さなければならなくなったときや、キャッシングが必要になったときに利用することができません。しかし、SBIでは、このマルチバンクシステムによってその問題をうまく回避することができます。

口座を複数持つことにより細かい使い分けが可能になったので、たとえひとつの口座が利用不可能時間帯になってしまっても、他に登録している口座が24時間受付(イーバンク、三井住友など)なら、そこで現金の引き出しやキャッシングを利用することが出来ます。

また複数口座を指定していれば、銀行間の資金移動にかかる余計な手数料もかかりませんし、手間も省けます。特典だけではなく、カードの使い勝手をいかに向上させるか、といった問題にきちんと注目しているあたりがSBIの魅力ですね。