カードの選び方

【せどりにおすすめ】PayPayカードの特徴と作り方を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

PayPayカードは、PayPayカード株式会社が提供する年会費無料のクレジットカードです。

このカードでは、JCB、Visa、Mastercardのいずれかを利用することができます。

通常、他のカードのポイント還元率が0.5%であることが多い中、PayPayカードは1.0%という高い還元率を提供しています。

特にYahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物では、常に3.0%の高還元率が適用されるため、Yahoo!やPayPayのサービスを頻繁に利用する人にとっては、持っていて損はないカードです。

年会費が無料であるため、サブのカードとしても持つことによる追加の費用負担はありません。

この記事では、PayPayカードの還元の詳細や、その他のメリットと特徴について詳しく説明します。

  • PayPayカードの特徴
  • PayPayカードの申込み方法と審査の詳細
  • PayPayカードのデメリット

PayPayカードの特徴

まずはPayPayカードの基本情報についてです。

PayPayカードPayPayカード ゴールド
年会費無料11000円(税込)
基本ポイント還元率1%最大1.5%
家族カードありあり
ETCカード550円/年(税込)無料
ショッピング保険なし最高300万円
カードブランドJCB、VISA、Mastercard
旅行保険なし海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

ポイント還元率

PayPayカードでは、200円ごとに1%のポイントが還元されますが、200円以下の端数にはポイントが付与されません。

例えば支払金額が1,100円では、1,000円分で10ポイントが付き、残りの100円分にはポイントが加算されません。

これにより、200円ごとに2ポイントが得られるため、実質1.0%の還元率となります。

このカードの大きな利点は、高いポイント還元率に加えて、PayPay残高へのチャージやYahoo!からのポイントキャッシュバックが特徴です。

さらに、条件達成で+0.5%付与されます。

他にも、ソフトバンクやワイモバイルの利用者、またはYahoo!プレミアム会員は、定期的に開催される「PayPay祭り」で5%から10%のポイント還元を受けることが可能です。

さらに、毎月5日は追加で4%のポイント還元があります。

このようにPayPayカードを利用することで、特別なキャンペーンを活用し、効率的にポイントを獲得することができます。

年会費

PayPayカードの年会費および入会金は無料です。

家族カードに関しても無料で作成ができます。

ETCカードは550円(税込)の年会費が必要ですが、ETCで支払った分にも1%のPayPayポイントがたまります。

審査

PayPayカードの申し込みは18歳以上(高校生を除く)で、自身に収入がなくても配偶者に収入があれば可能です。

これにより、学生やパート、専業主婦も対象となります。

申し込みは成人からで、収入の制約もなく、一般的に申請しやすいカードです。

ただし、支払いの遅延がある場合や、同月に複数のカードを申請している場合は審査に通りにくいです。

審査は迅速で、申請から数分で結果が出ることもありますが、カードの発行には最大で約1週間かかる場合があります。

PayPayカードの申込み方法

PayPayカードの申込みプロセスを詳しく解説します。

PayPayカードの申し込みはスマートフォンからおこないます。

申し込みプロセス

①Yahoo! JAPAN IDの取得

  • PayPayカードを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です
  • 申し込みページから直接、IDを新規取得するリンクに進めます。
    PayPayカード公式サイト

 

②公式サイトへのアクセスと申し込み手続きの開始

  • PayPayカードの公式ウェブサイトに移動し、「IDをお持ちの方」を選び、Yahoo! JAPAN IDでログインします。

 

③個人情報の入力

  • 住所、氏名、生年月日、電話番号などの基本情報を入力します。
  • 職業や収入情報、勤務先情報など必要な情報を入力していきます。

 

④銀行口座情報の入力

  • 支払い用の銀行口座を登録します。多くの金融機関でオンライン設定が可能です。

 

⑤審査の申請

  • 全ての情報を確認してから申し込みを提出します。
  • 審査時間は最短で数分から、長くても数日です。

 

⑥SMS認証と電話連絡による本人確認と在籍確認

  • PayPayカード申込時、本人確認と在籍確認のために申込者の電話番号または勤務先に電話がかかることがあります。
  • べての申込者に電話がかかるわけではありませんが、勤務先情報が個人信用情報機関に登録されている内容と異なる場合や、信用情報が登録されていない場合に電話がかかる可能性があります。

 

⑦カードの受け取り

  • 審査に通過すると、カードが郵送されます。
  • 発送方法には複数のオプションがあり、受取時に本人確認が必要な場合もあります。

 

以上の手順により、PayPayカードの申し込みが完了し、利用を開始できます。

PayPayカードの申し込みはオンラインのみで受け付けており、郵送による申込みは対応していません。オンライン申し込みのメリットは、記入ミスのリスクが低減され、カードの発行がスピーディーにおこなわれる点です。

カード受取の注意点

PayPayカードの申し込み時、カード受取には通常、本人確認書類が求められます。

受取方法によって必要な書類が異なり、「佐川急便 受取人確認サポート」や「郵便局の本人限定受取郵便」では特定の書類が必要です。

ただし、オンラインで口座設定を完了している場合、カードは簡易書留で送られ、追加の本人確認書類は不要です。

必要書類

佐川急便 受取人確認サポート

以下のいずれか1点の書類が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種健康保険証(後期高齢者医療保険証、介護保険証も含む)
  • 年各種金手帳(年金証書も含む)
郵便局の本人限定受取郵便
以下のいずれか1点の書類が必要です。
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留資格が特別永住者のものに限る)
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障害者手帳など)
  • 届出避難場所証明書(作成日より6カ月以内のもの)

審査への対策方法

PayPayカードの審査では、申込者の職業や年収、個人信用情報機関に登録されているデータが評価基準として使用されます。

これらの情報は短期間で変更することは難しいですが、申し込み方法を適切に調整することで、審査通過の可能性を高めることができます。

対策方法① 短期間での複数のクレジットカード申し込みを避ける

クレジットカードを申し込む際、その情報は個人信用情報機関に記録されます。

もし短期間内に複数のカードに申し込むと、金銭的な困難に直面しているか、他のカードの審査で繰り返し落ちていると判断され、審査の通過が難しくなります

クレジットカードの申し込みは、1ヶ月に1~2枚に抑えておきましょう。

対策方法② キャッシング枠を「希望しない」に選択する

クレジットカード会社は「貸金業法」という法律に従って運営されており、この法律は収入のない人へのキャッシングを禁止しています。

そのため、収入がない専業主婦や学生などがキャッシング枠を設定すると、カードの審査に落ちる可能性が高まります

収入がある場合でも、キャッシング枠を設定すると審査が厳しくなり、不承認のリスクが増加します。

PayPayカードのデメリット

PayPayカードのデメリットについて説明します。

まず、海外旅行傷害保険が付帯されていないため、海外での医療費リスクをカバーするためには別の保険が必要です。

また、特定の店舗でしかポイントアップの特典がないため、Yahoo!ショッピングやLOHACO以外での利用では1.0%のポイント還元が基準です。

さらに、200円以下の支出ではポイントが付与されないため、小額の支出ではポイントを得ることができません。

PayPayカードをせどりで使用するリスク

最後におつたえしをしなければならないことがあります。

それは、クレジットカードを転売やせどりに使用すると、カード会社の規約違反になる可能性があるという点です。

カード会社がすべての会員の取引を詳細にチェックすることは難しいため、すぐに問題が発覚するわけではありませんが、規約違反が発覚した場合にはカードが使えなくなるリスクがありますので、注意が必要です。

安心して使えるカードについてはこちらの記事で解説をしています
せどり・転売活動でクレジットカードが停止される?規約違反のリスクと解決方法!この記事では、せどりや転売を目的としたクレジットカードの使用に伴うリスクと解決策を詳しく説明しています。特に、クレジットカード規約違反によるカードの利用停止が発生する可能性と、その回避方法に焦点を当てています。具体的には、大量購入や商品現金化など、カード会社の疑念を招きやすい行為とそれを防ぐための対策が述べられています。このような問題に対処するためにおすすめのビジネスカードも紹介しています。...